TOP > 看護師求人サイト特徴 >

職場の雰囲気や離職率

職場の雰囲気や離職率

職場の実態や雰囲気が分かる

看護師サイトでは、職場の実態や雰囲気が手に取るように分かります。
看護師サイトを利用して就職した看護師から、できるだけ多くの情報を伝えて、就職活動の参考にしてもらえるようにと多くの口コミが寄せられています。

募集広告だけでは得ることのできない内容ばかりが満載!

・医療機関ごとの看護業務についての捉え方
・上司の仕事に対する考え方や取り組み姿勢
・医師をはじめとする医療スタッフとのコミュニケーションの円滑さ
・同じ職場で働く看護師ひとりひとりの抱えている悩み
・将来の方向性
・スキルアップのための取り組み
などなど・・・

先輩たちの口コミの信憑性を確認する意味も含めて、職場訪問がおこなわれます。
その際、直接いろいろな人から話しを聞くことができるようにコーディネートします。
応募の意思が固まると、その医療機関の採用傾向を伝えて、以下のアドバイスが受けられます。

・採用面接の予行演習
・筆記試験の対策
・履歴書の作成


離職率や派閥の有無がわかる

看護師が他の職種に比べて離職率が高い理由としては需要の多さ。つまり、社会的地位や高賃金によるものだと思われます。
一言で言えば需要が多いという事ですが、これが何故かというと、現在の日本の社会においてこの職種は不足しており各事業所の取り合いになっているので、高賃金になっているのです。
こういう事を看護師自身も分かっているので、すぐに退職しても何処でも働けると思っており、結果的に求める側と求められる側それぞれで社会的地位を上げてしまっているのです。
これにより、離職率が上がっているのです。

看護師の離職率が高い理由のもう一つに、派閥というものがあります。
これはこの職種では特に激しい争いが繰り広げられています。
先ほども言ったように、それぞれが社会的地位の高さを分かっているので、意見が食い違うと当然ぶつかります。
そしてその多くは両社とも引かないことが多いのです。言うならば、お互いが頑固なだけですがそれだけではありません。
看護師は医療ミスのリスクを背負っているので何か起きてしまうと自分のキャリアに傷がつき、もう働けなくなる可能性もあるのです。
なので、とにかく引きません。自分は悪くないと言わないと、ミスを認めることになるからです。
この様な性質上派閥が形成され、特殊な職種となってしまっているのでしょう。